"> 軽自動車の保険|対物は無制限にしておきたい

対物事故の相手は車だけとは限らない

最近はほとんどの保険会社が対物賠償は「限度額:無制限」を標準にしているようです。

これにはこれから説明するような理由があるのですが、軽自動車の場合は普通車と違って無制限にまでする必要はないのではないかと思われる方も居られるかもしれません。

「公道で何千万円もする高級車など滅多に見かけないし、高級外車でもせいぜい数千万円程度ではないのか」という思いなのでしょうね。

でもこの考え方には「対物事故の相手方は車」という間違った思い込みがあると思います。

交通事故というのは相手方が乗用車だけとは限らないのです。

踏み切りでの列車との接触事故で大な損害が発生し、億を超える賠償が請求された例がありますし、高級ブランド品などの店舗に突っ込んだりパチンコ店を壊したりして休業補償も含む莫大な損害賠償を請求されたという例もあります。

また、輸送トラックと事故を起こし痛んだ積荷が高価なものであったために1億円近い賠償が求められた例もあります。

最近スキーバスの事故が話題になりましたが、あのような高級大型バスも大変高価な車輌で、事故となったら損害は1千万円や2千万円では済まなくなる可能性もあります。

せっかく保険料を支払って対物賠償をつけるのに、このような実際に起こりえるリスクをカバーできないのでは何のための保険なのかわからないということになってしまいます。

保険料を節約したいという気持ちもわからなくはないのですが、「無制限」を例えば「2千万円」にしたところで、保険料の節約は1,000円にもなりません。

保険料試算サイトで実際に4社のシミュレーションしてみましたが、保険料差額の最高は730円、最低額は470円にしかなりませんでした。

○対物賠償を「無制限」にした場合と「2000万円」にした場合との保険料の差額

  <保険会社名> <対物:2千万円>  <対物:無制限>  <差額>

  損保ジャパン     34,640円      35,370円    730円

  三井住友海上     38,640円      39,320円    680円

  ソニー損保      31,580円      32,210円    630円

  アクサダイレクト   22,640円      23,110円    470円

(※差額を出す前の保険料の金額は対物賠償以外も含む全体の保険料です。)


逆に言えば、たった千円足らずの保険料追加で「2千万円」を「無制限」にできるのです。

このコストパフォーマンスを考えれば、むしろ無制限にしない方がもったいないですね。

このようなところの節約は「下手な節約」になってしまいます。

少しの保険料追加で大きな安心を買える対物賠償保険、限度額は迷わず「無制限」にしておきましょう。

このページの先頭へ