"> 軽の保険|車両保険を安くする

軽自動車にはエコノミー型が似合う?

最近は軽自動車も値段の高い車種が増え、新車のうちは車両保険を付けて置きたいと考える方も多いと思います。

でも車両保険の保険料は自動車保険の様々な補償の中でも最も保険料が割高であり、保険料が格安の通販型でも車両保険を追加すれば保険料が2倍近くになったりするものです。

例えばN-BOXの例でシミュレートしてみると、車両保険無しの保険料が31,000円程度の場合、保険金額125万円の一般型車両保険を追加すると保険料が56,000円を超えてしまうといった具合です。(東京海上日動で試算)

保険料が格安な通販型の場合(アクサダイレクトで試算)でも、車両保険無しの保険料が17,000円の場合、同じく125万円の保険金額で車両保険を追加すると33,000円程度まで保険料が跳ね上がります。

これでは軽自動車の保険料をできるだけ安くしたいと思ってもなかなか思うようにはいかないなと意気消沈してしまうかもしれません。

でもここであきらめるのはまだ早いです。

保険料が高いだけに、車両保険には色々と工夫できる余地があるのです。

■車両保険には大きく分けて二つのタイプがある

上で紹介した試算は「一般型」の車両保険で行ったのですが、車輌保険にはこの一般型のほかに「エコノミー型」というタイプもあります。

一般型というのは、交通事故のほか、盗難、火災・爆発、台風や洪水などの災害、落書き・いたずら、自損事故、相手のわからない当て逃げ、転落・墜落、電柱に衝突などの自損事故がすべて補償される完全カバータイプの車両保険で、補償範囲が広いだけに保険料が高くなります。

これに対し、エコノミー型というのは、一般型の補償範囲から自損事故、当て逃げを除いた形になっている車両保険であり、補償範囲を狭くすることにより保険料が安くなっています。

軽自動車に限らず、このエコノミー型を選べば車両保険の保険料を大幅に安くすることが可能になります。

上の例で言えば、通販型では車両保険(一般型)を付けることによって保険料が17,000円から33,000円に跳ね上がりましたが、エコノミー型を選べば同じ保険金額でも26,000円程度に抑えることができます。

■エコノミー型の車両保険でも大丈夫なのか

残る心配は、エコノミー型の車輌保険でも大丈夫なのかということになると思います。

問題は当て逃げ事故と自損事故の場合の補償がないということですが、次のように考えればどうでしょうか。

まず当て逃げですが、駐車場などで当て逃げされたときの修理というのはほとんどが数万円程度ですむ修理だと思います。

この程度の修理であれば、翌年度以降の等級ダウンによる保険料の支払額の増加アップの方が大きくなるため、車両保険を使わないのが一般的です。

このように当て逃げの補償があっても実際には使えないことが多いことを考えると、エコノミー型であっても事実上困ることはないのではないかと考えられます。

また、自損事故ですが、これはいわゆる自爆事故のことですから自分の心がけでなんとかなる部分ですし、軽自動車で自爆事故を起こすようだったら運転を控えた方がいいといった問題ではないでしょうか。

ということで、自分の考えを整理して割り切れば、軽自動車の場合エコノミー型でも十分な備えになると思います。

むしろ軽自動車にはコストパフォーマンスの良いエコノミー型の方が似合うといって良いかもしれません。

このページの先頭へ