"> 必要最小限の補償内容を考えてみた

これ以上は外せないという最低限の補償内容を考えてみる

軽自動車のランニングコストを低くしたいので任意保険の保険料をできるだけ安くしたい。

でもこれ以上補償を省略すると大きなリスクが残って本末転倒になってしまう。

このような、最低限というか、限界に近いような任意保険の内容を考えて見ましょう。

■対人賠償、対物賠償

まず対人賠償と対物賠償ですが、これらは事故の相手方の損害を補償するもので、これがないと自動車保険の意味がなくなってしまうので絶対に外せません。

上限額は対人はもちろん、対物も「無制限」にしておくべきです。

対物は無制限でなくてもいいではないかという気にもなりますが、無制限にしても大した保険料の増加にはなりませんので、リスクの心配をなくするために「無制限」にしておくべきです。

■人身傷害保険

人身傷害保険は自分の側のケガなどを補償するもので、自賠責にはこのような補償は全くありませんから絶対に付けておくべきだと思います。

限度額は最低限の3,000万円でもいいと思いますが、この金額では不安だという場合は5,000万円にしておけばいいでしょう。

人身傷害は完全カバータイプの補償なので、これがあれば自分の側のケガなどの損害は家族も含めてほぼ実額ベースで補償を受けることができます。

旧来タイプの搭乗者傷害保険というのもありますが、人身傷害保険を付けていればこっちの方は思い切って省略してもいいと思います。

■車両保険

車両保険の場合は、人それぞれの事情によって選択が分かれると思います。

対人、対物、人身傷害と違って自分の車の損害に対する補償だからです。

車は現金で買うし修理も自費でやるという考えの方にとっては、車両保険は必要ないということになります。

また中古車で大した値段でないから、こわれたらまた中古を買うというような方にとっても車両保険は必要ないでしょう。

逆に、仕事で車を使うからすぐに修理できないと困るといった場合や、ローンがまだ残っていて事故になれば修理費とローン返済が重なってしまうというような場合は、車両保険が大きい助けになるでしょう。

車両保険は自動車保険の中で最も保険料が割高な保障ですから、自分の事情に照らして慎重に考えた方がいいと思います。

少なくともディーラーなどから勧められたからといって安易に付けて良いような保険ではありません。

■無保険車傷害/自損事故傷害

無保険車傷害は事故の相手方が任意保険に加入していいない場合など、支払い能力がない場合に自分の側の保険から補償を行うことのできるもので、これも欠かすことのできない重要な補償だと思います。

ただし、この補償は対人賠償を付ければ自動的に付帯されることになるため、通常はあまり表面に出てくることがありません。

このような補償があるということを覚えておけばいいということになります。

自損事故補償も欠かせない重要な補償なのですが、最近では人身傷害で対応する保険会社が多くなりましたので、人身傷害を付けていれば特に心配することはありません。


以上、これ以上は削れないという補償内容の任意保険を考えてみましたが、いかがでしょうか。

こうしてみると、特に代理店型各社に多い様々な特約は本当に枝葉末節なことのように感じてしまいます。

また、軽自動車に付ける任意保険でも、普通乗用車の場合とほとんど同じに考えるべきだということもわかりました。

任意保険というのは、特約のことをあれこれ心配するよりも基本の補償をしっかりと確保することが大切だと改めて思ったしだいです。

このページの先頭へ