"> 軽自動車の保険を通販型にしてみた

対物事故の相手は車だけとは限らない

■ムーブの保険料がフィットの保険料の2倍?

ふとしたことから職場で車の保険の話になり、同僚のフィットの保険料を聞いたら2万円台とのこと。

軽自動車のムーヴで毎年5万円以上の保険料を支払っているので「何でムーヴの保険料がフィットの倍にもなるんだ」とショックを受けました。

話を聞けば、その人のフィットも5万円近くの保険料だったが通販型の保険会社に切り替えたらほぼ半額程度になったとのこと。

そこで、そろそろ更新の我が家のムーヴも今の保険会社(損保ジャパン)から通販型に切り替えてみることにしました。

■オペレーターの無料アドバイスがありがたい

ムーヴの保険更新の通知が来て内容を見ると、やはり次回の保険料は56,400円。

まずは今の保険の補償を改めて確認してみたら、対人:無制限、対物:無制限、人身傷害:3千万円、搭乗者傷害:1千万円、ファミリーバイク特約付となっています。

これはムーヴを購入したときディーラーの担当者がセットしてくれたものです。

更新通知の前に多少は勉強していて、方針としては人身傷害を3千万円から5千万円にし、補償の重複する搭乗者傷害は省略し、あとはこれまでと同じにすると決めていたので、この内容でネットの一括見積もりで各社の保険料を比べてみました。

一括見積もりでは10社の保険料を知ることができましたが、上の補償内容で一番保険料が安いのはやはり通販型のSBI損保でこれを第一候補にし、次に安い三井ダイレクトを第二候補にしました。

一括見積もりサイトから契約まで進むこともできるようですが、候補にした保険の詳細や評判なども知りたかったので、候補会社の公式サイトや口コミサイトなどを時間をかけて調べてみました。

第一候補で特に問題はないようなので、SBI損保の公式サイトから加入の手続きに入ります。

必要事項の入力は車検証と更新通知の書類が手もとにあればそれほど面倒なことはありません。

わからない点や迷う点についてはフリーダイヤルのオペレーターから聞きながら着々と進めて、1時間ちょっとくらいで契約手続きが終わり、保険料の支払い方法を選ぶ段階まで進みました。

保険料はなんとこれまでの半額以下の24,010円で、支払いは近くにコンビニがあるのでコンビニ払いを選びました。

ここまで進むと公式サイトに自分専用のページ(マイページ)が出来上がり、設定したIDとパスワードでいつでもログインできるようになります。

保険料の支払いを済ませて翌日マイページにログインすると、支払済みが確認できました。

これで満期が来れば新しいSBI損保の任意保険に切り替わります。

損保ジャパンの方は、更新の通知が来た段階でディーラーに「今回は更新しません」と連絡しておきました。

■通販型の加入手続きは想像したほど面倒ではなかった

インターネットからの契約は初体験だったので電話での確認もあり今回は入力等に時間がかかった方なのかもしれません。

今度やれば1時間もかからないような気がします。

フリーダイヤルのオペレーターはとても保険についてとても詳しく、色々聞きながら不安なく契約できました。

「このまま電話でも契約できますがインターネット割引にならないので、ネットの方で契約まで済ませた方が良いですよ」というアドバイスももらったりしました。

もし次回もSBI損保で、しかも同じ補償内容で更新するのなら、数分で手続きが済んでしまうような気がします。

念のため、保険証券に相当するページのPDFや契約内容の詳細がわかるページをプリントアウトして紙でもすぐに見れるようにして、加入手続き完了です。

事故受付や無料ロードサービスの連絡先も携帯にセットし、何かあればすぐに電話できるようにしました。

■インターネット契約は初心者でも難しくない

たったこれだけのことで、ムーヴの保険料を半分以下にすることができました。

今にしてみれば、なぜもっと早く気付かなかったんだろうという思いです。

何といったって軽自動車の保険料は安いに越したことはありません。

ネットでは「自動車保険に詳しくなければ通販型は無理」などというコメントを見かけますが、実際に切り替えて見て、決してそんなことはないと感じます。

今の補償内容をいじるのが不安であれば、そっくりそのまま通販型に切り替えるだけでもかなり保険料が安くなると思います。

また、調べてみてわかりましたが、任意保険の補償内容といったってそのパターンはほぼ決まっていて、何も難しいことはありません。

各保険会社の公式サイトでは初心者でも加入できるように「エコノミープラン」とか「補償充実プラン」などのように一般的で安心なサンプルが紹介されていますし、標準的なプランを選ぶだけでプロが組んだ補償内容と同じレベルの任意保険が簡単に出来上がります。

そしてサイトのわかりやすい説明を読むことによって、そのプランだとどういう補償が受けられるのかも十分理解することができます。

代理店の関係者の方々は、自分たちの仕事を減らしたくないばかりに自動車保険をわざと難しくしようとしているのではないかとさえ思えてきます。

ディーラーや代理店任せにするとお仕着せの任意保険になりがちですが、多少なりとも勉強をすることになるので、通販型の方が「今はこれこれの補償の任意保険をつけているんだ」という自覚が持つことができます。

各社のわかりやすい公式サイトは自動車保険の入門にもなりますので、むしろ初心者の方こそ通販型を試してみるのが良いかもしれません。

このページの先頭へ